男性更年期障害 50代 対策

50代の体調不良は要注意、男性更年期障害の対策

更年期障害

 

昨今、更年期障害は女性だけの悩みではない!

 

更年期障害による体調不良というと女性のイメージが強いものですが、
近年、男性にも加齢に伴うホルモン分泌の減少によって様々な不調が起こる男性更年期障害があると注目されています。

 

しかし、女性の更年期障害と比べて男性更年期障害は、
世間にはまだあまりその存在を知られていないため、気づかずに悩んでいるという方も少なくありません。

 

特に50代を過ぎると誰でもなんらかの疾患を抱えやすく見落としてしまいがちなのですが、
もし、集中力の低下や無気力感、不眠、性欲減退など、精神的な不調が増えたような場合は要注意です。

 

 

男性更年期障害の対策を心がけよう!

 

なぜなら、こうした症状はうつ病と片づけられてしまいやすいからです。本当は男性更年期障害の症状なのに、
うつ病の治療を受けてしまうと、いつまでも症状が改善されず、合わない薬などの影響で悪化してしまうこともあるのです。

 

そうならないためにも、50代で器質的な問題がないのに続く体調不良は男性更年期障害を疑って、対策をとることが重要です。

 

まず対策として生活習慣の改善が第一です。
食生活の見直しや運動習慣をつけ生活の質をあげることでホルモン分泌を促すことができますし、生活習慣病の予防にもなります。

 

また症状が酷い場合には専門病院で一度診察を受け、ホルモン補充療法なども検討するとよいでしょう。

 

病院治療が難しい場合は、サプリで精力の付く栄養を補給する方法もあります。精力アップに最近注目されているのは、クラチャイダムなので、クラチャイダムサプリを摂取できると効果的かもしれません。

 

クラチャイダム サプリ