エアコン本体の内部は湿気が溜まりやすい状態となっていることが多いので、しばらく清掃を怠っていると内部に大量のカビが発生してしまうことがあります。
出来ればワンシーズンに一度程度はエアコン本体を解体して隅々までエアコンクリーニングを実施したほうが、吹き出す空気も綺麗になり、健康にも良いでしょう。
本体を解体して清掃することになるので、手間と時間がかなりかかる作業となるので、時間がない人はエアコンクリーニングを実施している業者を利用したほうが良いでしょう。
エアコンクリーニング業者は、きちんと解体順序を考えて掃除を行うので、しっかりと元通りにエアコンを戻してくれます。
室内機の清掃と併せて、埃が溜まりやすい室外機の清掃なども依頼することも可能です。
室内にはいろいろな家具や家電が配置されているので、エアコンクリーニングの際には養生を行うことが必要となります。
自分自身でエアコンクリーニングを実施するよりも業者に頼んだ方が、養生もしっかりとしてくれるので、清掃の際に家具や家電等が汚れてしまうこともなくなります。
本体内部のカビが室内に飛散してしまうこともあるので、業者の方が気を使って清掃をしてくれることが多いです。

おすすめのエアコンクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です