男性更年期障害 食事 対策

男性更年期障害は食事で改善・対策ができる

和食

 

更年期障害は食事で対策できる!

 

男性更年期障害は食事によって症状を軽減させることができます。
またいずれならないように対策にもなります。

 

まず意識すべきは「肥満の解消」です。

 

肥満というものは男性ホルモンの働きを妨げてしまうといわれており、男性更年期障害の症状を悪化させてしまう恐れがあります。

 

そのため肥満にならないように気を付けるということは男性更年期障害にならないようにすることにつながるのです。

 

今日では食の欧米化が進んでおり、更に飽食の時代となっています。
和食離れが進んでいるためつい脂っこいものや味が濃いものを食べてしまいがちです。

 

 

食生活を見直して少しずつ改善しましょう!

 

女性に比べて男性の方が体内の筋肉量が多いため太りにくい傾向にありますが、それはあくまで若い頃の話です。

 

いつまでも若いつもりで油断して食べ過ぎてしまうとあっという間に肥満になってしまいます。
まずは自分の食生活を見直してみましょう。

 

和食を中心にしたり、間食を控えるなどできることから少しずつ改善させていくのがおすすめです。

 

更に納豆やオクラなどのネバネバ系の食品はホルモンの活性化に役立つとされています。
こうした食品を積極的に摂取することによって体質改善に役立つだけではなく男性更年期障害の対策にもなります。